FC2ブログ

プロフィール

小泉少年サッカークラブ

Author:小泉少年サッカークラブ
オフィシャルブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

◆サッカーしたい子、みんな集まれ!!◆

小泉の友だちと、みんなでサッカーしませんか! くわしくは、下のリンクを見てね。
お気軽にどうぞ!

部員募集のご案内

4種 東濃地区新人戦 決勝トーナメント


2013/1/27
東濃地区新人戦 2次(決勝トーナメント)
場所:土岐総合G
試合形式:11人制
試合時間:20-5-20
カテゴリー:B(4・5年生)

準決勝に残った8チームによるトーナメントを行いました。

【試合結果】
準々決勝
vs ボアソルチ 1-0 ○ ケイヤ
2013新人戦決勝Tー1
第二試合と言う事で、解凍状態のぬかるみピッチ。
最悪のコンディションの中で両チームとも自分たちのサッカーが出来ない状態でした。
個人技に定評のあるボアソルチとベスト4をかけた決勝トーナメント初戦。
試合開始から押し気味の展開。ただ初戦という事で相変わらず動は硬く攻め切れていない状況。
嫌な雰囲気が出始めた前半15分に右サイドからの縦パスに素早くケイヤが反応し待望の得点。
後半はそのまま逃げ切る形でベスト4進出となった。



準決勝
vsボルティス 1-1 PK(2-1) ○ ユウキ

準々決勝はピッチ状態の比較的用Aコートでの試合。
所々ぬかるみはあるが、なんとかサッカーの形にはなりそうな状況であった。
ボルティスの選手たちは足下の技術が高く、試合開始からサイドをうまく使った攻撃で何度もゴール前まで持ち込まれる展開が続く。しかし、小泉もソウマの好セーブでピンチを切り抜けると、果敢に敵陣へ攻め上がると行ったアグレッシブなサッカーで、互いに譲らない状況で前半半ばを迎える。
そんな前半10分、ハルキのコーナーキックにユウキがダイレクトボレーで決めて先制。その後も互いの攻防が続き、前半が終わって1-0の勝ち越し。後半に入っても互角の展開が続いておりなんとか追加点が欲しいと思っていた後半15分、小泉のゴール前で一度クリアーしたこぼれ球を押し込まれ、まさかの失点、同点のまま後半が終了しPK戦へ突入。
2013新人戦決勝Tー6
両チーム共にプレッシャーからなのか、PKが決まらないシーソーPK?となり、一喜一憂を繰り返し、
最後はショースケが決めて小泉が勝利。この時点で2位確定で、決勝進出!


いよいよ決勝
2013新人戦決勝Tー5円陣を組んで気合充分!
vsゼーロ 0-1 ●
2013新人戦決勝Tー2
決勝は準々決勝同様、ピッチ状態の比較的良いAコートでの試合。
ゼーロの選手たちは、技術は勿論、サッカーに対する意識が高く、さすが常勝チームらしい姿勢で決勝に臨んでいた。そのチームを相手に小泉は全体サッカーで善戦するも、前半10分に小泉ゴール前でディフェンダーとキーパーの間にこぼれでた球を押し込まれ失点。
後半に入ってからは小泉もなんとか1点を取りに行くという姿勢を見せ、終止引くのではなく、攻めのサッカーを続けたが無情にも試合終了のホイッスルが響き、惜しくも敗退。
負けはしましたが、決勝戦にふさわしい素晴らしい戦いでした。



【最終成績】
準優勝
優秀選手:ハルキ
2013新人戦決勝Tー32013新人戦決勝Tー4

今回の準優勝は、きっと今後の新Aチームにとって大きな自信に繋がる事でしょう!

コメント:宮田父
写真:伊藤母

関連記事
スポンサーサイト



可児花フェスタカップ2013 U-10 1日目 可児花フェスタカップ2013 U-12»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 2012 小泉少年サッカークラブ all rights reserved.